「OpenLayers」カテゴリーアーカイブ

OpenLayers関連情報

地図タイルの404エラーで文句を言われた時の対策

地図タイルを扱っていると、セキュリティ関係の方から、こんなことを言われることがある。

「大量のアクセスが発生していて、エラーがたくさん出ています。」
「攻撃されているんじゃないか?」

待て!
アクセスしている方向は、内部から外部への閲覧であり、そのエラーは外部のサーバへアクセスして、外部のサーバに存在しないファイルがたくさんあるということであり、方向が逆だろう!

と、まあこんなことです。

Web地図では、タイル配信されている場合に必要な領域だけタイル画像を作成ます。
例えば、日本の領域だけに限った地図タイルを作成した場合、日本以外の地域におけるタイル画像は存在しない為エラーが発生します。

地理院地図の西之島関係のレイヤを表示してみると、ほとんど404エラーが出っぱなしですw

プログラム上で404エラーは無視する設定を行っていますので、ブラウザで見る限りにおいてエラーは見掛け上発生していませんが、デバッガーで見てみると404エラーが大量発生しているのが解ります。

本題に戻ります。
セキュリティ担当者の勘違いも甚だしいと怒りを感じつつ、「このどド素人が!」と憤慨しても相手は遠い存在であり、面倒ですよね。

こんなこと遣りたくないんですよ。
理解してもらえる人はやらない方が良いのですが・・・・
でも、止むを得ず対策を講じなければならない時があったら、以下を参考にしてください。

画像が無いところは、透過状態な訳ですよね。
透過状態のファイルを無い時に送ってあげれば良いんですよね。

ということで、まずは透過画像を作成しました。
以下の画像を作成しました。

←ここに画像があります。

解らない人のために、ここからダウンロードできます。

そして、公開しているデータの存在しない番号に名前を変えてコピーしまくる・・・・・・嘘です(-_-メ)

次に、以下のファイルを作成します。

.htaccess

webmap_dirは、実際にalpha_plane.pngを保存した場所を指定してください。
ドメインは必ず指定してください。ドメインを指定しないと、代替画像へのリダイレクトを行いますが、404エラーは発生してしまいます。
ドメインを指定すると404エラーは発生しなくなります。

この.htaccessファイルを地図タイルのあるディレクトリの最上部においてあげることで404エラーを回避することが出来ます。

 

 

OpenLayers マルチサーバーで高速表示?

OpenLayersで地図画像を表示させる時には、タイル画像を表示させているが、そのタイル画像をサーバーからダウンロードしてくるのが遅いと、表示に掛かる時間が遅いように思える。

そこで、サーバーから同時並行的にダウンロードを行う方法として、複数のサーバーから並行して取り出すことにする。

単純に対象となるURLを配列に入れて指定するだけ。

さて、まだ試していないが、これくらいなら試してみる価値ありですね。

試してみたら、速い!

でもCPUコア食うねぇ~w
負荷設計なども考慮して使わないと、たくさんの人が見に来るサーバだと大変かも知れない。

諸刃の剣ですね。

 

OpenLayersでタイル画像のキャッシュを消したい!!(追記:ダメだった)

OpenLayers 2.13.1の環境で、一度表示されたタイル画像が邪魔になる場合がある。
開発途中などで、画像を差替えたりする場合には良く発生する為、ごっそりタイル画像を更新した場合などは、ブラウザのキャッシュクリアを行っていた。
この操作は、ブラウザ毎に設定があったり、消したくないキャッシュまでクリアしなければならず面倒だし不便。

そこで、以下のファンクションを呼び出すことで、タイルキャッシュだけをクリアしてしまおうというのが今回の狙い!

追記:単純にこれだけやっても上手く消えないことが判明・・・
どうやって使うか解らないのだが・・・ということで、誰かがアドバイスしてくれるのを期待するが、参考にしないでください。

これで上手く出来そうなんだけど・・・やってみる!!

レイヤを指定してクリアできると嬉しいのだが、そこまでの機能は無いみたい。OL3で実現では出来るのかな?

余談・・・・

まだOL3は使ったことが無い。
ドラスティックに変わり過ぎてしまって、OpenLayers 2.xとは全く異なってしまっている。
コンバートするとかいうより、完全に書き換えが必要となる雰囲気である。
もう少し安定した事例が発表されるまで待つつもりだけど・・・業界の流れにも注目したいところである。