CentOSにRPMforgeリポジトリを追加して、wputをインストールする。

Pocket

FTPサイトからファイルをダウンロードする際に使うことが出来るwgetの逆で、FTPサイトへファイルをアップする機能でwputという機能がある。

ここでは、CentOS 6.xにおける実装方法を記載します。

他のバージョンについても基本的に同じなのですが、RPMForgeリポジトリだけ異なりますので気を付けてください。

あまりメジャーではないが、ftpでスクリプトを書いてゴチャゴチャするより手っ取りくファイルを転送出来るので便利です。

リポジトリを追加する前に、リポジトリの優先度を指定できるプラグインを追加しておきます。

それを実現するためのプラグインはyum-prioritiesです。

インストール方法について記載します。

<<リポジトリ優先度指定用プラグインのインストールと設定>>

<<RPMforgeリポジトリの追加>>

wputをインストールするには、RPMSearchでRPMをダウンロードしてインストールする方法もありますが、やはりCentOSであればyumでインストールを行いたいと思います。

RPMforgeリポジトリの追加にもyumを使用します。
やり方は、CentOS 6.xに関する方法です。
他のバージョンの時には別のファイルになるので注意してください。

<<wputのインストール>>

やっとインストールする準備が完了しました。

ということで、wputをインストールしちゃいます(^^♪

最後に確認してみましょう。

こんな感じでバージョンが表示されれば完成です。

使い方は至って簡単です。

wgetにも色々なオプションがあります。詳しくはヘルプを参照してください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。