WordPressのサブドメイン対応に

Pocket

いきなりですが、前回までにWordPress本体のインストールがサブドメインで指定したURLに設置されました。
このページから見た人は、以前のページを見てくださいね。

さて、サブドメインで使えるようにWordPressを設定します。
基本的には他のサイトで紹介されている方法と全く同じなのですが、ちょっと違うのは、本体自体もサブドメインで設定されていることです。

ということで、本題に入ります。

wp-config.phpを変更します。
wordpressのフォルダー直下にあるはずです。

以下の一文をwp-config.phpに追加します。
「編集が必要なのはここまでです」を記載されている部分よりも前に入れてください。

define(‘WP_ALLOW_MULTISITE’, true);

メニューの「ツール」をクリックすると、「ネットワークの設置」を選択できるようになります。
「ネットワークの設置」をクリックします。

WordPressサイトのネットワークの作成
WordPress Network Settings

「サブドメイン」を指定して、必要な情報を入力し「インストール」を行います。

次に、画面の指示に従って、wp-config.phpと.htaccessを編集します。

WordPress Network Settings

画面の指示にはありませんが、以下の操作を行います。

wp-contentに移動して、blogs.dirを作成します。パーミッションはapacheに変更します。
# cd wp-content
# mkdir blogs.dir
# chown apache:apache blogs.dir

続いて、ブログのサイトを追加するのですが・・・・
その前にプラグインを追加します。
画面左上の「参加サイト」にマウスカーソルを合わせて、「サイトネットワーク管理者」を選択します。
画面上部に「サイトネットワーク管理者:XXXXX」表示されるはずです。

「プラグイン」→「新規追加」を選択し、「WordPress MU Domain Mappin」をインストールします。
「ネットワークで有効化」をすることを忘れないように。

さて、ここからが山場です。
サイトを追加します。
「サイト」→「新規追加」を開きます。

サブドメインのサイトを追加する画面
WordPress Sub-Domain Bolg Settings

「サイトのアドレス」にサブドメインを指定します。
気になるところで、その下に記述されているアドレスが、メインサイトのドメインが記載されていると思います。
メインで使った「main.domain.net」になっています。
つまり、この時点で指定するのは、「sub1.main.domain.net」がアドレスになっています。
ここでは気にせず、そのままサイトを作成します。
「サイト名」や「管理者メールアドレス」には必要な情報を記載してください。

ここで、wp-config.phpをもう一度開いて、以下の一行を追加します。

define( ‘SUNRISE’, ‘on’ );

wp-contentディレクトで以下のコマンドを実行してsunrise.phpをwp-contentディレクトの直下にコピーします。

# cp ./plugins/wordpress-mu-domain-mapping/sunrise.php .

「設定」→「Domain」をクリックしてください。

Site IDを指定します。
この番号は、最初にメインサイトで使用している番号が1で次にサブドメインで作ったサイトが2になっています。
順番に番号が振られる様です。
なので、削除したりするとどうなるか・・・・調べ方が解ったら、別途お伝えします。

「設定」→「Domain Mapping」を選択して、Saveします。

Domain Mappingの画面
Domain Mapping

何やってるか解んないけど、取りあえず、これやらないと次が上手く行かないみたい(^^ゞ

次に、「設定」→「Domains」を指定して以下の画面を表示。

ドメインマッピングの設定
Domain Mapping

domainに本来設定したいDomainを指定します。
Site IDに2を指定します。(2番目に作ったから)
sub1.domain.net

※Site IDの確認方法はこちらで確認できます。

下に表が表示された成功です。
なかなか下に表が表示されない時があるようです。
何故なのかは不明。
多分、Domain Mappinをなんらしか登録しておかないと、Domain側が正常に動作しないのではないかと思われます。
カット&トライの連続なので、正しいかどうか?ご意見いただければと思います。

参加サイト→Sub1を選択し、ダッシュボードが表示されたら完成です。

お疲れ様でした。これでWordPressをサブドメインで作成するところが完成しました。

もしかすると・・・右側メニューの「サイト」→「全てのサイト」で一覧を表示させて、ドメインの指定を本来の
URLに指定し直した方が良いかも知れません。

<目次>

  1. WordPress用のデータベース構築
  2. WordPressのダウンロード
  3. WordPressのインストール方法を考える(今更?)
  4. WordPressのインストール<サブドメイン型?複数ドメイン型?>
  5. WordPressのインストール<Apacheのサブドメイン対応>
  6. WordPress本体の初期設定
  7. WordPressのサブドメイン対応に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。