「qgis」タグアーカイブ

QGIS 3.xをインストールしてみた。QGIS 2.18と共存。

背景

QGIS 3.0がリリースされて、OSGeo4Wがインストールされていない綺麗な環境にインストールするのは、何も気にせずにインストール出来たのですが、QGIS 2.18がインストールされている環境にインストールしようとしたら、ちょっとだけ引っかかったので、記録に残します。

既に、QGIS 2.18.xがインストールされている環境を前提に進めます。
インストールを行った環境はWindows 10です。

追記:どうも、QGIS 2.18.xからだと上手く3.0.1をインストール出来たのですが、2.12からだとNGでした。そこで、私の環境設定内容を下記に貼り付けておきます。

QGIS2.18と3.0.1のインストールした環境設定一覧

はじめに

私は、QGIS 2.18.xを使用しており、いきなりQGIS 3.xへ更新するには抵抗がありました。使えなくなるプラグインなどがあり、仕事で使うにはちょっと困ります。
そこで、QGIS 2.18.xを残しつつ、QGIS 3.xをインストールしたいと思いました。

と言うことで、以下ではQGIS 2.18.xを残しながら、QGIS 3.xをインストールしてどちらも使用できる環境を構築します。
ただし、OSGeo4Wを使用していることを前提とします。

準備

準備と言いましても、特に何をダウンロードしてとか必要ありません。
新規でインストールされる方は、下記URLより環境に応じたインストーラをダウンロードしてください。

https://qgis.org/ja/site/forusers/download.html

 

OSGeo4WのSetupを起動します。

ここで、「アドバンスインストール」を選択します。

「インターネットからのインストール」で次へ

次も特に気にせず次へ

更に、次へ。

まだまだ次へ。

 

こいつも次へ・・・・楽々インストール?

やっと来ました!ここから本番です\(^o^)/

「Desktop」の前にある「+」ボタンをクリックして展開します。

ここでは既に3.xがインストールされた状態の画面を示していますが、上記の状態になる様に、インストール対象を選択します。

具体的には、以下の内容になります。

qgis:QGIS Desktop
qgis-dev
qgis-dev-pdb   <==必要ないかも?
qgis-full
qgis-full-dev
qgis-ltr            <==これは2.18を残すためです。それ以前のバージョンを使っている方は、更新されてしまいます。
qgis-ltr-full
qgis-rel-dev
qgis-rel-dev-pdb

これ以外は気にしないで大丈夫です。
上記の中にも不要なものが含まれているかも知れませんが、私の環境ではこんな感じでした。
間違って、3.0.0-4をインストールすると、上手く動作しませんでした。

これで、設定が終わりましたので、次へ進みます。

後は勝手にインストールが進みます。

!!!!!!!!!!!
ここで問題が!!!!!!!
!!!!!!!!!!!

OSGeo4WのSetupでインストールすると、qgis(Desktop)が最初は3.0.0-4しかインストール出来ません。
それが原因でQGIS 3.0を起動してもエラーで落ちる現象が確認できました。

解決方法は、再度、上記のインストール方法を繰り返すと、今度は3.0.1-1がインストール出来る様になります。
これでインストールし直すと、正常に起動出来る様になるみたいです。

Windowsメニューから両方のバージョンのQGISが起動することを確認してみてください。
一つの環境だけしか試していないので、大丈夫かな?

QGISに地理院地図を追加する。

QGISで地理院地図が表示できるようにしたい!

業務で使用する地図は地理院地図がメインになっている。

そこでQGIS上でも地理院地図と整合性を取る為に、背景地図として地理院地図を表示させたいと思っています。

ねっとで調べてみると、TileLayer Pluginの情報が入手できた。

ということで、TileLayer Pluginをインストールする。
1)QGISのメニューから「プラグイン」→「「プラグインの管理とインストール」画面を表示

2)TileLayer Pluginを選択して、右下の「プラグインをインストール」をすればインストールが開始される。

#ここまでは至って簡単な操作で済む。

3)インストールの確認
QGISのメニューから「Web」→「タイルレイヤプラグイン」→「タイルレイヤを追加する」をクリックする。

こんな感じで表示されていればインストールは正常に行われています。

4)タイル情報の入手
以下のサイトからタイルの情報を入手します。

https://gist.github.com/minorua/7654132/download#

右側に表示されている「Download Gist」からファイルをダウンロードします。

解凍すると以下のファイルがあります。

GSIMaps.tsv
GSIMapsDisaster.tsv

この2本のファイルを適当なフォルダーへコピーします。
デフォルトの保存先に保存したり、プラグインの入っているフォルダーへコピーすると、プラグインを再インストールした時にこれらのファイルが消えてしまいます。
それを避けるためにも、適当なフォルダーを作成して保存しておく方が良いと思います。

ということで、今回は以下のフォルダーへコピーしました。

C:\Tools\TileLayerPlugin_AddLayer

5)タイルレイヤを追加する。

改めて、QGISのメニューから「Web」→「タイルレイヤプラグイン」→「タイルレイヤを追加する」をクリックし、以下の画面を表示します。

 左下の設定ボタンをクリックすると「タイルレイヤプラグイン設定」画面が表示されます。

先程保存したパスを指定します。

C:\Tools\TileLayerPlugin_AddLayer

おぉ〜!表示された!!

試しに「標準地図」を表示してみると。。。。あれ?表示されない????

マウスのホイールボタンをグリグリ・・・ズームレベルを変えてみると、表示されました。

 初期表示はなんか少しアクションが必要な様です。

また、タイルレイヤによってはサポートされているズームレベルが限定されているので、エラーが表示される場合があります。

重ね合わせたい適当なレイヤを表示させた後で、このツールで地理院地図を表示させてみると、すんなり表示出来たりします。

以下は、一時メッシュを表示させた状態です。

この状態で先程と同じように、「標準地図」を表示させてみると、

すんなり表示されました。レイヤの順番を入れ替えて

タイルのスタイル変更で透過率を適当に入れて、ラベルを表示させて、ズームアップしてみると・・・・

こんな感じに。

白地図に重ねてみるとこんな感じですね。

自前で作成したタイル画像や、今回追加した地理院地図以外のタイルレイヤを追加したい場合には、ダウンロードしたGSIMaps.tsvやGSIMapsDisaster.tsvを参考に新たなファイルを作成することで独自にタイルレイヤを追加することが可能です。

 

以上