「Linux」カテゴリーアーカイブ

Linux関連情報

Vulsによる脆弱性の検査

はじめに

今回はVulsを用いた脆弱性の検査を行う。
対象とするシステムはCentOS 7とする。
また、本サイトは個人運営のため、メンテナンスが不十分であり対象パッケージのアップデートに追従できていないことに注意!

流れは以下の通り。

  • Vulsインストールの下準備
  • 脆弱性情報の準備
  • Vulsによる脆弱性の検査
  • 可視化

以上について順を追って記載する。
オフィシャルなインストール方法は以下のURLに示されており、参考にしている。
https://vuls.io/docs/en/install-manually-centos.html

Vulsインストールの下準備

実行ユーザの作成

Vulsを実行するユーザの作成を行う。

sudoを許可するためにvisudoでユーザに許可をします。

セキュリティ確保の為、不要なユーザによるsudoを許可したくない場合には、作業終了後に上記の内容を削除する。
※継続的なモニタリングを行う場合には、残しておく必要あり。

ログ格納用ディレクトリの作成

vulsのログを格納するディレクトリを作成する。

go環境のインストール

以下のサイトからパッケージをダウンロードする。

https://golang.org/dl/

本資料作成時点における最新バージョンは1.12でしたので、以下のコマンドを実行し解凍する。

goの環境変数を設定する。
/etc/profile.d/goenv.shを新たに作成する。

ここでvulsの実行ユーザでgo環境の確認を行う。

環境変数を読み込む。

バージョンが正しく表示されていれば、goのインストールは成功している。

脆弱性情報の準備

NIST(アメリカ国立標準技術研究所)が提供するNVDと、IPA(情報処理推進機構)が提供するJVNから脆弱性情報を取得する。

gitのサイトを覗いてみると、どうも日本人の方がまとめてくれているみたいですね。感謝!

今度は、Linuxのディストリビュータが提供されているOVALも取得する。

各データベースを構築する。

NVDのデータベースを構築する。
相当古い情報から取得するので、時間は結構かかる。
オフィシャルのインストールマニュアルには、AWSで10分程度となっていたが、1〜2時間程度は覚悟した方が良さそう(^^;
出力さているログを見ていると、西暦が記されたファイルがちらほら見受けられるので、進捗状況が分かると思う。

JVNのデータベースを構築する。

こちらは更に古くて1998年以降のデータベースになる。
オフィシャルのインストールマニュアルには、こちらもAWSで10分程度とされているが、実際どれだけかかるのか。。。
2005年のデータまでは比較的速やかに登録が進むのだが、2006年くらいからいきなり重くなる(^^;
日本では2006年くらいから本気で取り組みを始めたということなのだろうか?(笑)

OVALのデータベースを構築する。

ここからはある意味でオプションデータベースみたいな感じもするけど、オフィシャルマニュアルに記載があるので、合わせて登録する。

gostのデータベースを構築する。
これまでよりは少し短い時間で構築できるが、それも10分程度は覚悟。
ディストリビューたから脆弱性に関するパッチが提供されていないものを検出出来るとのこと。

Exploitのデータベースを構築する。
エクスプロイトコードを表示出来るExploit DBがVuls 0.6.0から提供されているので、それを使いたい場合に追加する。ここもオフィシャルマニュアルの丸コピ


Vulsのインストール

データベースの準備が整い、これからVulsのインストールを行う。
ここは、オフィシャルマニュアルを丸コピ!
※Vulsを再インストールするとかアップデートする際には、ここでインストールするソースを含めた生成物を削除する必要があるらしい。方法については後述する「Vulsのアップデート」に記したが、オフィシャルマニュアルも合わせて確認すること。

Vulsの設定ファイルを作成する。

設定ファイルの確認を以下のコマンドで行う。

エラーが表示されなければ完了である。

Vulsによる脆弱性の検査

ローカルスキャンの方法を記載する。
ローカルスキャン以外にもリモートスキャンを行う方法等も準備されているので、必要に応じてセットアップなどを行ってやってみるのも良いかと思う。
ローカルスキャンのコマンドは至ってシンプルで以下のコマンドで実施する。

Vulsのアップデート(新規インストール時は不要)

Vulsをアップデートする時は、実行モジュールとソースを全削除してから行うらしい。
ということで、ここで記載する内容は、Vulsをアップデートする際に行う事前作業であり、新規インストール時には必要ない。

スキャン結果の確認

スキャン結果を確認してみる。
困ったことに、-format-short-textオプションが使えなくなっているみたい。
オフィシャルマニュアルにはまだその記載があるのだが、諦めて他の出力結果を試してみる。

デフォルトの出力結果を出してみた。
コマンドは以下の通り。

ちなみに、この時点で-lang=jaは全く意味が無かった(笑)
日本語が出てくれることを期待しただが。。。結果は以下の通り

Total: 200 (High:49 Medium:133 Low:18 ?:0),
全体で200の脆弱性を確認している。
各レベルに対応した数値が提示されている。

199/200 Fixed
200件中199件でアップデートパッケージが提供されている。

後の説明は省略。。。。

表は、それぞれの脆弱性に関するレポートが示される。

TUI形式で表示することも可能。

終了は、Ctrl+Cで行う。

VulsRepoを用いた解析方法などもあるようだが、今回はここまで。

CentOS 7 初期設定でやっておきたいこと(随時更新予定)

CentOS 7をインストール後にやっておきたいこと

CentOS 7をインストールした後に、そのまま使うには面倒なところがありますよね。
そこで、インストール後にやっておきたいことを幾つか記録しておこうと思います。
私の個人的な趣向もありますので、皆さんの環境に合わせて参考になれば幸いです。

なお、CentOS 7自体のインストール方法については、他を参照してください。
以前に書いた様な覚えもありますが、インストール方法に関しては割愛します。

さて、本題のインストール後に行ておきたい初期の設定に関してですが、この記載内容は適宜更新します。
よって、初期の段階でご覧になられた方は、これだけじゃ足りないじゃないか!?と思われる方もいらっしゃるかと思います。
参考情報ですから、基本はあまり期待しないでくださいね。

bashを使いやすくしておこう!

CentOS 7のシェルはbashが基本となっており、昔に比べると随分使いやすくなりました。
昔と言いましても10年以上昔の話なので、ご存知ない方も多いかと思いますが。。。(^^ゞ

VPSなどプロバイダが提供されている環境では、既に独自の設定が為されているところもあり、自分でインストールした場合とは異なったりします。
既に設定が為されている場合もあるようなので、必要ない場合もありますが、コマンドの補完を行ってくれるようにしておきたいです。

コマンドの補完

bashのコマンドを補完してくれる機能は、インストールされた環境によりまちまちであったりします。
まったく補完がされないことを前提に設定を行います。

まずは大文字/小文字を含めた補完を行ってくれる機能を有効にします。
rootユーザとして作業を進めます。
ホームディレクトリに以下のファイルを作成します。

この1行だけのファイルが重要なんです!
/etc/inputrcに記載しても良いはずです。

有効にするにはログインし直すか、以下のコマンドを実行してみてください。

これで反映されると思います。反映されない場合は、再度ログインし直してみてください。
大文字/小文字も含めたコマンドの補完が行われるようになっていると思います。
例えば、以下のコマンドを自動的に保管されるはずです。

ここまでは序の口です。更に補完機能を強化したいと思います。
続いて、以下のコマンドを実行してbashの補完機能を更に強化するパッケージをインストールします。

これを入れることで、コマンドのオプションなどが補完されるようになるんです。
例えば、systemctlのオプションをタブキーを使って補完することが出来る様になります。
ただし、インストール後に再度ログインを行う必要があります。

aliasについては好みがありますから、.bashrcにaliasを適当に追加しますが、今夏何時でbash周りは終わりかな?

ファイルの平均サイズ計算・最大・最小サイズの確認 for Linux

備忘録のつもりで平均だけを計算する簡単なメモにしようと思ったのですが、最大値も出してみようか?最小値もとかやってみたのです。
今更ながらawkの有り難味を感じながら。。。。w(←今更awkかよ!?)

Linux環境で 指定フォルダー以下にある特定ファイルの 以下の情報を調査します。

  • ファイルの平均サイズ
  • ファイルの最大サイズと最小サイズ

ファイルの平均サイズ

解り易いように、lsの部分を少し展開してみたコマンドは以下の通りです。

findやlsコマンドで個々のファイルサイズを表示させて、そのサイズ部分だけをawkで抜出し、合計値(s)を計算するのとそのファイル数(n)をカウント。
最後に合計値(s)/ファイル数(n)で平均値を計算しています。

合計値を取りたい場合には、ファイル数(n)で割らなければ良いだけです。
一定期間のファイル数やファイルサイズなども、findで探すファイルを限定することで計算出来ますね。
※ファイルサイズが0のファイルもファイル数としてカウントされます。

ファイルの最大サイズと最小サイズ

ファイルの最大サイズと最小サイズを確認するコマンドは以下の通りです。

少し細工をしています。取り出したファイルのサイズが0の時はそのサイズを無視しています。

合わせ技!

大したことはありません。ただ単純に、上記の両方を一気に計算してしまおうという話です。
ただし、ファイルサイズが0のファイルは無視します。つまり、平均ファイルサイズの対象からサイズが0のファイルは除かれますので、上記の方法とは少し異なります。

こんな感じです(^^♪
しばらく使わないとすぐに忘れてしまうので、備忘録大事ですねw

Apache(Webサーバ)のチューニングとベンチマーク

ここでは、Apache HTTP Serverのチューニングとベンチマークに関してまとめます。

Apacheのベンチマーク

Apacheの性能はサーバの性能にも左右されますが、Apacheの設定内容によっても変わってきます。
最近のサーバはそこそこ速くなっているので、デフォルト設定のままでもそこそこ速く動いてくれるのですが、それでもアクセス集中対策を考慮するにはサーバのApacheのチューニングも必要になります。

さて、チューニングの方法は説明する前に、性能測定の方法について説明します。

Apacheの性能測定には、ab(Apache Bench)コマンドを使用します。

色々なサイトでも紹介されていますが、基本的なコマンド操作は以下の様になります。

-n 数値  : リクエストの総数
-c 数値  : 同時接続数

指定したURLに対し「リクエストの総数」分のリクエストを行います。並列して接続するため、「同時接続数」を指定することが出来ます。

試しにabコマンドを叩いてみます。(URLは適当です。)
※絶対に他人のサイトを指定しないでください。DoS攻撃とみなされる可能性があります。負荷試験の一種なので、対象のサーバに高負荷を与えることになります。

ここで注目したいのは、以下の2点です。
Failed requests: 0
Requests per second: 134.39 [#/sec] (mean)

「Failed requests」でリクエストがフェールになった回数をカウントしています。Failが発生しない様に調整する必要があります。

では、調整の仕方を見ていきましょう。

Apacheのチューニング

Apache 2.2系と2.4系ではチューニングの設定が少し異なります。パラメタの名称が一部変更になっているためです。
以下にそれぞれのパラメタ設定例を示します。
ただし、この設定内容は環境により異なりますので、ご自身のサーバ環境によって値を調整してみてください。

Apache2.2系のチューニングパラメタ

Apache 2.2系のチューニング方法を以下に紹介します。今更感はあるのですが、最も効果的な結果が得られたのがこの環境だったので敢えて事例紹介します。

対象ファイル:/etc/httpd/conf.d/httpd.conf

viなどで開いて編集してください。

こちらがデフォルト状態の設定状態です。

こちらが設定変更後の値です。

StartServers1起動時に生成される子サーバの数
MinSpareServers1アイドル状態で待機している
子サーバの最小数
MaxSpareServers5アイドル状態で待機している
子サーバの最大数
ServerLimit10MaxClientsに指定できる上限値
MaxClients10同時接続可能なクライアントの数
MaxRequestsPerChild4000子サーバが処理できる
リクエストの総数

デフォルトの状態では、StartServersが「1」になっていたので、最初の接続に掛かる時間が遅くなる傾向にありそうです。
また、MaxClientsが「10」しかないため同時に処理できるリクエストの数が少なく、こちらも処理が遅くなる傾向にあったようです。
変更後の値に設定し、以下のコマンドでWebサーバを再起動します。

Webサーバの再起動が完了したら、コマンドを実行して動作を確認してみましょう。

主要な内容については以下の通りです。

Failed requests: 0
Requests per second: 601.08 [#/sec]

「Requests per second」の値が134.39→601.08に変化しており、1秒間に処理で来ているリクエストの数が大幅にアップ(約4.5倍)しました。

と、ここで問題です。
MaxClientsを適当にしていしましたが、子サーバ(プロセス)が使用するメモリを考慮して計算しないと、実装メモリよりも多くの子サーバが起動してしまうことになってしまいます。
そうなると、スワップ領域まで達し、最終的にもメモリ不足に陥ることになります。
まず、httpdプロセスがどれ位のメモリを使用しているか?そして、PHPを使用しているならば、PHPの利用するメモリも考慮する必要があります。
実際にサーバ上で動作する際に必要となるメモリ量も気に掛かります。

面倒ですよね。
色々な方が作られている様ですが、MaxClientsを自動計算してくれる仕組みがあります。
その方法について、次に説明を行います。

MaxClientsの自動計算

MaxClientsを自動計算する方法について記載します。
Apache Web Service(Webサーバ)は、並列処理を実現するために複数子サーバを起動して、同時に複数のクライアントから要求されるリクエストに対応します。
その最大値をMaxClientsで指定します。

理論的には、httpd(子サーバ)が利用するメモリとPHPが利用するメモリで1つのクライアントから要求される処理を行うとして、システムのメモリを割ることで値が得られる感じです。
この時、システムでそれ以外に使用するメモリも考慮する必要があり、意外と面倒な計算と情報収集を行うこととなります。

それを自動化してくれる仕組みが以下のサイトにあるスクリプトになります。

https://github.com/richardforth/apache2buddy

apache2buddyを利用してMaxClientsを計算させるには、以下のコマンドを実行し、表示される情報を利用します。

コマンドは以下に記していますが、上記のURLで示されたサイトに記載がありますので(英文ですが)、そちらを参考にされることをお勧めします。(本記事が古くなると使えなくなりますが、上記サイトはメンテナンスされていますので)

重要な箇所は以下の一文です。

Your recommended MaxClients setting (based on available memory) is between 33 and 37. <——- Acceptable Range (10% of MAX)

httpdを再起動した直後などは正確な数値が得られない場合がありますので、本来は24時間程度運用した状態で数値を計算することが望ましいです。

上記の例では、MaxClientsの値として33~37が望ましい値として提示されています。

正直、実験を行ったサーバでは、長時間のヒートランを行っていなかったのでこの値が示されましたが、本来であればもっと少ない値が得られるのではないかと思います。

これを元に、先程示したhttpd.confに記載されている以下の値を調整します。

StartServers
MinSpareServers
MaxSpareServers
ServerLimit
MaxClients
MaxRequestsPerChild

最後に、Webサーバの再起動を行えば設定が反映され安定した動作になると思います。こまめにチェックするというよりも、ある程度時間を空けてチェックすると良いと思います。

apache2buddy以外にも自動計算や手動計算の手法が幾つか紹介されています。
自分に合った方法を見つけることが重要です。
今回の手法は、Linux上での手法となります。Windows上での計算は難しいかな?

incronで起動したプロセスがdefunct(ゾンビ)で残る障害対策

CentOS 7上で2018年12月頃にincronでバグが発生した。

psコマンドを叩いてみると、「defunct」で示されるゾンビプロセスが大量に発生している!

当然のことながら放置すればシステムは暴走しかねない状況にある。
さて、どうしたものか?と思いながら、ゾンビプロセスを殺そうと試みるもkillコマンドでプロセスを殺すことが出来ない。
何故だろう?とその親プロセスを見てみると「incron」が親になっている。

そうこうしている間にもゾンビは増え続けているではないか!?

incronを殺す・・・と言ってkillする必要はないので、以下のコマンドを実行してincronを再起動させてみる

ここでプロセスを確認してみる。

発生していた「defunct」は一掃されゾンビプロセスは綺麗にその姿を消していた。

原因はどうやら「incrond」にあるらしいことまでは、これで特定出来たのだがどうにかならないかと思いながらインターネットを検索するもそれらしき情報がヒットしない。。。しばらくして辿り着いたのが以下のRedHat Bugzillaだった。

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1656939

どうやらincrondのバグが確認されているらしい。
対処方法は、古いソースを入手してリコンパイル&インストールすることになる様だ。当然、現在のincrondを削除しなければならない・・・ということは、設定をメモして云々・・・・(嫌だ!)

そうこうしている間にも、defunctは増え続けていた。
以下のコマンドを実行すると、その数が解る。

出力された数値の左端がその数です。

考えたこと

幾つか対策を考えた

  1. ソースからビルドしてインストールし直す。
  2. 古いバージョンに戻す。
  3. 定期的にincrondを再起動してその場凌ぎをする。

1.ソースからビルドしてインストールし直す

この方法、一見確実な方法である様だが、後にincrondが更新された時にyumで出来要することが出来なくなってしまう。セキュリティホールなどの対応が疎かになってしまう可能性もある。
メンテナンス性が悪いんだよね。出来ればバグ修正が成されたバージョンが提供されるまで待ちたいところなのだが、私の環境下では緊急を要する状況にある。
だめだぁ~( ゚Д゚)

2.古いバージョンに戻す。

では、古いバージョンでは問題が発生していなかったので、バージョンを戻してやろう!
ということで、以下のコマンドで戻せるかチェックしてみる。

残念ながら、古いバージョンのincronは使えそうにない。
もし存在してくれていれば、こんな感じで対応が出来る。

実際やってみると解るが、今回の場合は古いバージョンが存在せず、結果「なにもしませんでした」という寂しいコメントが最後に記されるだけです。

3.定期的にincrondを再起動してその場凌ぎをする。

結局この方法に辿り着きました。

incrondにより生成されたゾンビプロセスは、incrondを再起動することにより削除されていましたので、crondでincrondを定期的に再起動してやることにしました。

まずはcrontabを起動して、定期的にコマンドを実行します。

これで、深夜0時00分にincrondが再起動します。

最後に

この現象は、CentOS7でしか発生していないみたいで、CentOS 6では古いバージョンが使えわれており問題は発生しない感じです。

また、incrondという特殊なパッケージを使っているので、この件に関して悩んでいる人は少ないでしょう

次のバージョンアップで更新されるでしょうし、需要は少ないと思っています。

とは言え、私の備忘録代わりに残しておきます。


concrete5 インストール

背景

concrete5をインストールしたのは覚えていたのですが、インストール方法が解らなくなったので、改めてインストールし直すという恥ずかしぃ〜思いをしながら、まとめ直すとにしました。

対象環境

ここではCentOS 7上に環境を構築します。
多少のパッケージインストール方法は省かせていただきますが、一般的な作業だけ省いているので、概ね問題ないでしょう(^^)

対象OS:CentOS 7.5.1804 (多分、7.xなら同じかと思います。)
他のパッケージ類は適宜インストールしますので、ここでの情報は以上となります。
ちなみにご自身の環境がどうなっているのか分からなければ以下を確認下さい。

ちなみに、作業は全てrootユーザで行います。
一般ユーザでもsudoなんかを使いながら作業を行なえば実現可能ですが、面倒なんで(^^;

準備作業

いつものことながら、インストールする前の準備運動ならぬ下地造りから入ります。

毎度お馴染みのepel-releaseリポジトリの設定ですね。

yum updateコマンドで全体をアップデートして置いた方がよいのですが、私の環境はNVIDIAのドライバをインストールしていたりいろいろと下手なパッケージを更新するとハレーションが発生する可能性があるので、敢えて行いませんが。。。やった方が良いです。

下地造りの前準備?が出来たところで実際に必要なパッケージをインストールします。

と、いきなり間違えました(^^;
単純にインストールすると、PHPのバージョンが古かったはずなので、上記の方法は辞めて以下の方法でインストールを行います。

まずremiで提供されているリポジトリを使えるようにします。

mariadbのインストール

Apache Web Server (httpd)のインストール

PHP5.6のインストール

concrete5 バージョン8以降ではPHPのバージョン 7.2以降を推奨しておりますが、私の環境は既に5.6の環境である程度構築されていたので、PHP5.6をベースにします。

PHPの古いバージョンが入っていた場合には適宜削除してインストール仕直す必要が生じます。(頑張ればなんとかなるなんて思わない方が良いですよw)

unzipのインストール

きっと入ってますよね。でも一応ね。

以上で準備作業は完了です。

concrete5本体のインストール

いつも思うんですけど、本来インストールしようとしているパッケージのインストール作業って、それ程大変じゃないんですよね。どちらかというと下地の準備の方が面倒なんですよね。
そこまできちんとして書いてくれれば嬉しいのですが。。。
そういった意味では、リポジトリって良くできてますよね。
と言っても、勝手にPHPのバージョンが上げられちゃったりすると困るので、結局こうなるのですが。。。

さて、前置きが長くなりましたが、本体のインストールです。

concrete5はWeb上で動作します。また、データベースを利用します。
ということで、httpdとMariaDBをセットアップしておく必要があるわけです。

httpdサービスを起動する。

Webサービスを利用できるように準備します。
毎度のことではありますが。。。

MariaDBサービスを起動する。

データベースサーバを起動します。

データベースサーバはこれで起動しますが、この後にデータベース自体を構築します。

データベースの作成

以下のコマンドを実行し、データベースを作成します。
なお、データベースの作成に関して、各種パラメタをサンプルです。実際のデータベース作成時には、ユーザIDやパスワードを十分に考慮して設定してください。

Firewallの設定

ファイアーウォールが有効になっていると思いますので、HTTPプロトコルが通過できるように設定を施します。

concrete5本体の設置

以下のURLをブラウザで開いて、最新版をダウンロードしましょう。
http://www.concrete5.org/download

Firefoxでダウンロードすると「ダウンロード」フォルダーに保存されますよね。

 

ここから適当なフォルダーへ移動して、解凍して、移動して、パーミッションの設定をイジイジして。。。。という流れを行います。

以上で設置完了です。

うぅーーーーーーー長い!

でも一応のインストールは出来たはずです。
ここからは、順次設定を進めます。

試しに、インストールしたconcrete5を覗いてみましょう!
以下のURLを指定すると閲覧できます。
(リモートで作業を行っている場合はIP

http://localhost/contents/

こんな画面が表示されれば、一応のインストール作業は完了です。

各種設定

言語設定

言語設定を変更します。
「日本語(日本)」を指定します。
#お好きにどうぞ!

環境チェック

実は、ここで「MSQL PDOエクステンションが有効です。」の項目がエラーになっていた。
インストール漏れはなく、設定もされていた。
結論は、Apacheが起動した状態でphp-pdoをインストールしたため、Apacheがphp-pdoを認識していなかったことが原因であった。
Apacheを再起動(systemctl restart httpd)を行うことで、認識した。

ここでは、チェックだけなので、問題がなければ「インストールを続ける」とし次へ進める。
ここで問題があった場合には、必要なパッケージをインストールするなどの対応が必要となる。

サイト情報登録

ここではサイトに関する情報を登録する。
「名前」はサイトの名称となります。
「管理者メールアドレス」は登録会員向けの発信元メールアドレスにもなります。その他、障害通知などもくるのかな?
「管理者パスワード」は編集する際などにログインする場合に使うパスワードになります。データベースのパスワードとは別にした方が良いでしょう。
データベースの各項目にはデータベース作成時に指定した内容を指定します。
今回の例では、
サーバー:localhost
MySQLユーザ名:concrete5
MySQLパスワード:cocrete5
データベース名:concrete5
となっていますが、実際のユーザ名パスワードデータベース名は十分の考慮の上設定してください。
セキュリティ上、上記の設定は宜しくありません。

「concrete5をインストール」ボタンでインストールが開始されます。

しばらく待ちます。

終わったら。。。

これで、concrete5のインストールは完了です。

「サイトを編集」ボタンをクリックすると、編集画面へ遷移します。

編集画面

編集画面をログアウトするには、右上のメニューボタンからログアウトすることが出来ます。

また再度ログインする際には、管理者ユーザが設定されています。
管理者のIDは「admin」です。
パスワードは、設定画面で設定したパスワードとなります。

ログインが上手く行かない場合には、ファイアーウォールを一度停止してみるとか、SELinuxを一度Permissiveにしてみるなどを試してみてください。

今回は以上です。
お疲れさまでした。

その内、操作方法などもアップしてみたいと思います。

Rで日本語表示 Linux(CentOS)

Rで日本語表示が出来なくって困った。
RはCentOS上で動作しています。
CentOS 6でもCentOS 7でもどちらでも対応出来たので、記録します。

対策は、フォントを追加してやればOK!
凄く簡単だった。

で、本当にそれだけなんだろうか?たまたまそれで上手く行っただけかも知れないけど。。。。(^^ゞ

やったことは以下のコマンドを実行しただけ。

全然、Rに関して書いてないけど、Rで日本語表示出来る様になったんで・・・デフォルトのフォントがこれなんですね。

おしまい(^^♪

MariaDBを外部から接続できるようにするCentOS 7

MariaDBを外部サーバからアクセスできるように設定する。

MariaDBは前回導入しましたが、外部からアクセスできるように設定を行います。

外部とは、同一ネットワーク内のサーバからのみアクセスを許可します。全公開するとセキュリティを考慮する必要が生じますので、同一ネットワーク内としています。

環境

CentOS 7.4
MariaDB 10.1

作業項目

  1. ファイアウォールでMariaDBのサービスを許可する。
  2. MariaDB内に外部からアクセスを許可するユーザを作成する。
  3. MariaDBの設定を確認・調整する。

ファイアウォール設定

ファイアウォールにMariaDBのアクセスを許可します。
以下のコマンドで設定します。

firewalldの再起動は以下のコマンドでもOK!

これでfirewalldにmysqlのサービスが許可されました。
mysqlとしましたが、MariaDBは内部にmysqlを含んでいると考えてください。そして、mysqlが許可されればMariaDBへの許可が済んだことになります。

MariaDB内に外部からアクセスを許可するユーザを作成する。

今回は、内部ネットワークなのでrootユーザと同じレベルで作成します。

前回インストールしたMariaDBであれば、これだけでOKのはずです。

私が少し躓いたのは、間に物理的なファイアウォールやUTMを配したネットワークを経由した際に、そのハードルを越えるために設定を施す必要が生じたのですが、同一ネットワーク内であれば、ルータ代わりにUTMを使っている様な下手なことをしていなければこれでつながるはずです。

MariaDBの設定を確認・調整する。

基本的には必要ありませんが、/etc/my.confや/etc/my.conf.d/で設定しているconfファイルで、bind-addressを指定している場合には、その設定を見直す必要があります。

bind-addressで指定が行われている場合、外部からアクセスするアクセス元のIPアドレスを確認して登録します。

対象ファイルは
/etc/my.conf
それ以外は以下の様に確認しました。

これで何か設定が行われていれば、以下の様に接続元のIPアドレスを追加します。

こんな感じです。

以上で完了です。

最後に確認

最後に確認方法ですが・・・・

外部のマシンから以下のコマンドを実行します。

これでアクセスできない場合には、もう一度設定をみなしましょう。
それでも接続できない場合は、ネットワークに問題があるのかも知れません。ネットワーク管理者に相談してみるのも方法かと思います。

 

CentOS 7 へMariaDB 10.1(最新)をインストール

CentOS 7 + MariaDB 最新版をインストール

2018年3月時点における環境は以下の通り。

CentOS 7.4
MariaDB 5.5

この状況ですと、MariaDBの最新版がインストールされていない状態になっています。
MariaDBには、「Galera Cluster」が提供されておりますが、10.1以降ではデフォルトで組み込まれる様になりました。
つまり、10.0までのバージョンでは個別インストールが必要となります。

また、MariaDBとMySQLのバージョン関係を見てみましょう。


MariaDBバージョン MySQQLバージョン
MariaDB5.5.x MysQl5.5
別途Galera Clusterをインストール。
MariaDB10.0.x Mysql5.6
別途Galera Clusterをインストール。
MariaDB10.1.x Mysql5.7を取り入れ、MariaDB独自機能あり。
Galera Clusterは組み込み済み。

正直、現時点でMySQL 5.5はちょっと古い。5.6もしくは5.7をインストールしたい。
デフォルトのCentOS 7ではMariaDB5.5に対応しており、MariaDB10.xをインストールするには別途独自のインストール設定を行わなければならない。

ジレンマはあるが、後々のことを考えると選択肢は新しいバージョンを適用したい。

MariaDB 10.1.xをインストールする!

旧パッケージの削除

まず、既にインストールされているMariaDB関連のパッケージを確認→削除する。

確認すると、mariadb-libsがデフォルトでインストールされているので、これを削除する。

リポジトリの準備

MariaDBの本家からインストールを行えるようにリポジトリを追加する。

以下のサイトでも紹介されています。

https://mariadb.com/kb/ja/yum/

まずリポジトリの定義を行います。
/etc/yum.repos.d/にMariaDB.repoを作成します。
内容は以下の通りです。

MariaDBをインストール

これでMariaDBをyumでインストールできる。

確認してみます。

これでインストール自体は完了です。

MariaDBの初期設定

MariaDBの初期設定を行います。
インストール直後の設定はほとんど何もされていない状態にあるようです。
そこで、インストール設定を行います。
まず、デフォルトの設定ファイルをバックアップしておきます。
#本家では推奨されているわけではないのですが、気持ち的にオリジナルを無くしてしまうのは気持ち悪いw

バックアップ出来たので、初期設定を行います。

文字コードの設定が行われていない状態なので、設定をします。
以下の項目を追記します。

取りあえず、大まかな設定は済みました。
この後は、MariaDBを起動しMariaDBのセキュア設定を行う。

MariaDBの起動

MariaDBを起動する。

注意!!

2018-06-15時点において、上記の設定方法ではMariaDBが正常に起動できません!

多分、MariaDBのインストーラーがバグっている様に思えます。

こんな感じのエラーが表示されます。更に要求されたコマンドを実行してみます。

対処方法は以下の通りです。

まとめると、こんな感じ。

なんか最初のインストールでゴミが出来てしまうのと、インストールに必要なプラグインが抜け落ちてる感じがします。
それを無理矢理、MySQLのパッケージを削除→ゴミも削除→再度インストール。。。という流れでしょうか?

最後に、MariaDBを再起動時にも起動するように設定するには、以下のコマンドを実行します。

 

セキュリティ設定

セキュリティ設定を行います。

※パスワードは適当に入力してください。

これでセキュリティ設定は完了です。

こんな感じで使えるようになります。

 

 

 

Log4cppでログファイルをローテーションする

プログラム開発でログの出力を行いたいと思います。
今回はC++のプログラムで実装してみます。

まず、なんで今更Log4cppについて記述しようと思ったか説明します。
log4cppのサンプルや記述はネット検索ですぐに見つかります。
でも、上位で検索されたサンプルには間違いがそのまま残されていて、実際に動かしてみるとローテーションは行われませんでした。
また、注意深く見てみると、設定のパラメタすら間違ったままになっているのです。
私は、そのWebサイトの間違いに過去引っかかり、無駄な時間を費やしました。なので、そんな無駄な時間を今後費やすことのないように、ここに記述します。
そちらのサイトを批判するつもりはありませんので、当該サイトのURL等については記述しません。
なお、ここの記載内容に間違いがあった場合には、お手数ですがご指摘して頂けますようお願いします。
こちらのサイトを参考にされる方には、コメント欄に指摘されている内容も含め参考にされることを期待します。
なるべく、修正は行っていくつもりですが・・・将来のことなので、ご注意ください。また、Web上の情報は参考情報です。ご利用に際しては、ご自身の責任でご利用ください。

環境

今回実装を試したのは以下の環境です。

OS:CentOS 7.4
gcc バージョン 4.8.5

 

パッケージインストール

 

プログラム

 

設定

ファイルサイズを102400バイトまでとする。
ログは最大8世代まで残す。

ざっとこんな感じ。

コンパイルは以下のコマンドで行う。