CentOS 8でログイン画面がスクリーンロックされるのを回避する。

通常、CentOS 8のログイン画面は、5分経過するとタイムアウトして画面が黒くなります。
これを回避する方法は、CentOS 7について記載したことがあるのですが、CentOS 8では同じ方法が出来なくなっていました。
これから記載する方法は、多分CentOS 7でも実現できる方法だと思いますが、CentOS 8で行う方法について記載したいと思います。

まず、必要になるdconf-editorパッケージをインストールします。

# dnf install dconf-editor

続いて、dconf-editorを起動します。

# dconf-editor

まあ、そのままですね。ただ、この方法は、デスクトップ環境で行う必要があります。

dconf-editorの初期画面

フォルダー構成の様になっていますので、以下の画面に示すようにフォルダーを移動します。
/org/gnome/desktop/session/idle-delay

dconf-editor画面

User default valueをオフにして、Custom valueを0に設定します。

これで、ログイン画面がスクリーンアウトすることがなくなるはずです。