ApacheでCGI設定を追加する。対象は、PythonとPHPだけど応用すればなんでもOK!

AWS上でRocky LinuxにApacheを入れて設定しようとしていたのですが、なんかいつもの設定と違うので設定を行いました。
毎回やるのが面倒なんですけど、記録が無いとまた忘れるので備忘録です。
とか言いながら、実際下手なサイトの内容を参考にしたら結局ダメダメで、自分のサイトの過去記事を参考にしたら出来た!ということで、再度記録し直そうと思ったわけです(^^ゞ

対象と目的

今回の対象は以下の通りです。

OS:Rocky Linux 9(あんまりOSバージョンは関係ないけど)
Apache:2.4.51(これもあんまり関係ないけど)

目的は、/var/www/html/の下でCGIが付けるようにしてしまいたいということです。
その際、PHPとかPythonもCGIとして使えるようにしてしまいたい。

Apacheの設定

Apacheの設定を追加します。
元ファイルを弄る方が良いのかも知れませんが、記録も残しておきたいなぁ~という後のことを考えた不精な考えですが、今回は設定ファイルを追加することにしました。

取り敢えず、設定ファイルを新規で作成していきます。

ファイルに以下の内容を記載します。

これだけです。
ちなみに、FollowSymLinksもついでに突っ込んでおきました。

念のため、シンタックスを確認します。

Apacheを再起動します。

これで設定は反映されました。

コマンドによるSELinux対応の設定

当然、SELinuxを切るなんて真似は致しません!
面倒ではありますが、余程のことが無い限りSELinuxを切ることは避けています。セキュリティ確保するためなんです。

対象ディレクトリに対し、コンテキストを追加します。

以上です。

意外と簡単なんですけど、滅多にやらないことなので忘れてググるわけですわ。

そして、どこかのサイトの記載ミスやら間違った設定を叩いて「動かねぇ~( ゚Д゚)」って叫ぶわけよ。

で、自分でやって記録しておくと、いつかまた自分のサイトの記録がググったら出てくるんよ(^^♪

アフィリは全然儲かっていませんが、自分で書いたサイト記事は意外と役に立ってます。
備忘録万歳\(^o^)/

GeoServerにVector Tile Extensionをインストールします。

前回インストールしたGeoServerに、Vector Tile ExtensionをインストールしてVector Tileに対応させようと思います。

※全部英語で探すのが面倒なので、メモを残しているだけです。

GeoServerのバージョンを確認する。

GeoServerのバージョンを確認します。

メニューから「GeoServerについて」をクリックします。

こんな感じで表示されます。
「バージョン 2.22-SNAPSHOT」と表示されているのが判るかと思います。
ということで、この環境は2.22なんですね。
まあ、確認方法って普通にこれなんですけどね。
初めてだと気が付かないんですよね(^^ゞ

Vector Tile Extensionを追加

プラグインですね。
ダウンロードします。

下記URLからバージョンなどを元に探します。

https://build.geoserver.org/geoserver/

私の目的とする対象は下記にありました。
https://build.geoserver.org/geoserver/main/ext-latest/

ここで、「geoserver-2.22-SNAPSHOT-vectortiles-plugin.zip」をダウンロードします。

解凍して、以下のフォルダへインストールします。
/usr/share/geoserver/webapps/geoserver/WEB-INF/lib

ということがこちらに書かれています。

https://docs.geoserver.org/latest/en/user/extensions/vectortiles/install.html

GeoServerを再起動したら、Extensionが有効になっています。

再度ログインし直すことになりますが、これで終わりです。

他にもExtensionがたくさんあるみたいです。

https://docs.geoserver.org/latest/en/user/extensions/index.html

面白そうなのがあったら適当にインストールしてみると良さそうですね。

確認方法ですが。。。。
Data→Layers→<適当なレイヤ>→Tile Cachingを開いてみると、Tile cache configurationのThe Image Formatsに以下が追加されています。

これで確認になります。

Install GeoServer on Rocky Linux 9

GeoServerをRocky Linux 9へインストールしようと思います。

インストール自体は非常に簡単ですが、たまたま事故ったのでメモを残しておきます。

事故と言いましても、たまたま最初にインストールしようしたバージョンが上手く動かなかっただけです。
バージョンを変更すると動いたので、多分、リリースでミスっていたんでしょう。

では早速始めます。

最新版を探してダウンロード

最新版は下記のURLで探すことになります。

基本的にはこちらのサイトに置かれていると思います。
https://sourceforge.net/projects/geoserver/files/GeoServer/

今回、上記のサイトから最新版をダウンロードしてインストールしたのですが、運悪くダメだったので、以下のサイトで確認しました。
https://build.geoserver.org/geoserver

結論としては、以下が最新版になると思います。
https://build.geoserver.org/geoserver/main/geoserver-main-latest-bin.zip

①はコピーが置かれているのかな?
②は本家の最新版が置かれているみたいですね。
③は最新版に紐付けされた状態が置かれている様です。

③の最新版で問題がある場合には、①や②を探して少し前のバージョンなどを探してみるのも良さそうだと感じました。

適当なディレクトリへ移動してダウンロードします。
私はこんな感じでやっています。

解凍とインストール

まずはインストール先ディレクトリを作成します。

作成したディレクトリへ先ほどダウンロードしたファイルを解凍します。

GeoServerを動かすためのユーザを作成します。

更に、解凍したディレクトリの所有権を変更します。

ファイアウォールとサービスの設定

GeoServerを公開するために、ファイアウォールの設定を行います。

サービスを登録します。
まず、サービスファイルを作成します。

中身はこんな感じです。

GeoServerを起動

GeoServerを起動します。

こんな感じですね。

動作確認

以下のURLへアクセスしてみましょう。
http://<ドメイン>:8080/geoserver
※<ドメイン>には対象サーバのドメインを指定してください。

こんな感じの画面が表示されれば、GeoServerは正常に動作しています。

デフォルトのログインIDとパスワードは以下の通りです。
ログインID:admin
パスワード:geoserver

公開された状態だと、デフォルトのIDとパスワードは危険なので、早々に変更されると良いでしょう。

基本的なインストールは以上です。
Geo Lifeをお楽しみください。

次回は、GeoServerをVector Tileに対応させます。

CentOS 9にpostgreSQL 14を入れる!postGIS 3.2も入れる!

以前に自分でインストールしたやり方を参考に、インストールを試みようとしてみたのですが、やはり少し変わったパッケージをLinuxへインストールするには何かが引っ掛かります(^^;

ということで、以下の環境にインストールを行っていきます。

OS:Rocky Linux 9
インストール対象:postgreSQL 14 + postGIS 3.2

PostgreSQL インストール

前回学んだ本家サイトからインストール方法を確認します。

https://www.postgresql.org/download/linux/redhat/

こちらのサイトにあるインストール方法を真似するだけです。

以下に提示されたコマンドを記します。

順番に説明しておきます。

リポジトリを追加

リポジトリを追加します。

既存のPostgreSQLを無効にする。

インストールしていない時には不要の作業となります。
過去にPostgreSQLをインストールしている場合のも必要な作業になります。

ある意味、トランザクション対象のパッケージを維持したまま、本体だけを無効にするという感じなんでしょうかね。
#違うところで参考になりそうです。

PostgreSQLをインストール

PostgreSQLをインストールします。

インストールはこれで完了です。

起動設定

自動で起動するように設定します。

インストールとPostgreSQLの起動は完了しました。

PostGIS インストール

ここからが課題のPostGISインストール作業です。

まず、インストールしたPostgreSQLのバージョンに対応するPostGISのバージョンを下記のサイトで確認します。

https://trac.osgeo.org/postgis/wiki/UsersWikiPostgreSQLPostGIS

対応表からインストール対象のPostGISを確認します。
今回は、PostGIS 3.2を選択することにしました。

システムのリポジトリに含まれるPostGISのバージョンを確認します。

今回インストールするバージョンは、postgis32_14であることが確認出来ますので、以下のコマンドでインストールを試みます。

トランザクション関連のエラーが大量。。。ということで、問題の解決を行います。

これでインストール出来ました!

環境によって若干の違いがあるかと思いますが、参考になるかな?

以下のサイトが役に立ちました。
https://rockylinux.pkgs.org/9/rockylinux-crb-aarch64/flexiblas-netlib64-3.0.4-8.el9.aarch64.rpm.html

深くまで見ないといけないので、面倒ですが。。。