GeoServerにVector Tile Extensionをインストールします。

前回インストールしたGeoServerに、Vector Tile ExtensionをインストールしてVector Tileに対応させようと思います。

※全部英語で探すのが面倒なので、メモを残しているだけです。

GeoServerのバージョンを確認する。

GeoServerのバージョンを確認します。

メニューから「GeoServerについて」をクリックします。

こんな感じで表示されます。
「バージョン 2.22-SNAPSHOT」と表示されているのが判るかと思います。
ということで、この環境は2.22なんですね。
まあ、確認方法って普通にこれなんですけどね。
初めてだと気が付かないんですよね(^^ゞ

Vector Tile Extensionを追加

プラグインですね。
ダウンロードします。

下記URLからバージョンなどを元に探します。

https://build.geoserver.org/geoserver/

私の目的とする対象は下記にありました。
https://build.geoserver.org/geoserver/main/ext-latest/

ここで、「geoserver-2.22-SNAPSHOT-vectortiles-plugin.zip」をダウンロードします。

解凍して、以下のフォルダへインストールします。
/usr/share/geoserver/webapps/geoserver/WEB-INF/lib

ということがこちらに書かれています。

https://docs.geoserver.org/latest/en/user/extensions/vectortiles/install.html

GeoServerを再起動したら、Extensionが有効になっています。

再度ログインし直すことになりますが、これで終わりです。

他にもExtensionがたくさんあるみたいです。

https://docs.geoserver.org/latest/en/user/extensions/index.html

面白そうなのがあったら適当にインストールしてみると良さそうですね。

確認方法ですが。。。。
Data→Layers→<適当なレイヤ>→Tile Cachingを開いてみると、Tile cache configurationのThe Image Formatsに以下が追加されています。

これで確認になります。

Install GeoServer on Rocky Linux 9

GeoServerをRocky Linux 9へインストールしようと思います。

インストール自体は非常に簡単ですが、たまたま事故ったのでメモを残しておきます。

事故と言いましても、たまたま最初にインストールしようしたバージョンが上手く動かなかっただけです。
バージョンを変更すると動いたので、多分、リリースでミスっていたんでしょう。

では早速始めます。

最新版を探してダウンロード

最新版は下記のURLで探すことになります。

基本的にはこちらのサイトに置かれていると思います。
https://sourceforge.net/projects/geoserver/files/GeoServer/

今回、上記のサイトから最新版をダウンロードしてインストールしたのですが、運悪くダメだったので、以下のサイトで確認しました。
https://build.geoserver.org/geoserver

結論としては、以下が最新版になると思います。
https://build.geoserver.org/geoserver/main/geoserver-main-latest-bin.zip

①はコピーが置かれているのかな?
②は本家の最新版が置かれているみたいですね。
③は最新版に紐付けされた状態が置かれている様です。

③の最新版で問題がある場合には、①や②を探して少し前のバージョンなどを探してみるのも良さそうだと感じました。

適当なディレクトリへ移動してダウンロードします。
私はこんな感じでやっています。

解凍とインストール

まずはインストール先ディレクトリを作成します。

作成したディレクトリへ先ほどダウンロードしたファイルを解凍します。

GeoServerを動かすためのユーザを作成します。

更に、解凍したディレクトリの所有権を変更します。

ファイアウォールとサービスの設定

GeoServerを公開するために、ファイアウォールの設定を行います。

サービスを登録します。
まず、サービスファイルを作成します。

中身はこんな感じです。

GeoServerを起動

GeoServerを起動します。

こんな感じですね。

動作確認

以下のURLへアクセスしてみましょう。
http://<ドメイン>:8080/geoserver
※<ドメイン>には対象サーバのドメインを指定してください。

こんな感じの画面が表示されれば、GeoServerは正常に動作しています。

デフォルトのログインIDとパスワードは以下の通りです。
ログインID:admin
パスワード:geoserver

公開された状態だと、デフォルトのIDとパスワードは危険なので、早々に変更されると良いでしょう。

基本的なインストールは以上です。
Geo Lifeをお楽しみください。

次回は、GeoServerをVector Tileに対応させます。