CentOS 7 初期設定でやっておきたいこと(随時更新予定)

Pocket

CentOS 7をインストール後にやっておきたいこと

CentOS 7をインストールした後に、そのまま使うには面倒なところがありますよね。
そこで、インストール後にやっておきたいことを幾つか記録しておこうと思います。
私の個人的な趣向もありますので、皆さんの環境に合わせて参考になれば幸いです。

なお、CentOS 7自体のインストール方法については、他を参照してください。
以前に書いた様な覚えもありますが、インストール方法に関しては割愛します。

さて、本題のインストール後に行ておきたい初期の設定に関してですが、この記載内容は適宜更新します。
よって、初期の段階でご覧になられた方は、これだけじゃ足りないじゃないか!?と思われる方もいらっしゃるかと思います。
参考情報ですから、基本はあまり期待しないでくださいね。

bashを使いやすくしておこう!

CentOS 7のシェルはbashが基本となっており、昔に比べると随分使いやすくなりました。
昔と言いましても10年以上昔の話なので、ご存知ない方も多いかと思いますが。。。(^^ゞ

VPSなどプロバイダが提供されている環境では、既に独自の設定が為されているところもあり、自分でインストールした場合とは異なったりします。
既に設定が為されている場合もあるようなので、必要ない場合もありますが、コマンドの補完を行ってくれるようにしておきたいです。

コマンドの補完

bashのコマンドを補完してくれる機能は、インストールされた環境によりまちまちであったりします。
まったく補完がされないことを前提に設定を行います。

まずは大文字/小文字を含めた補完を行ってくれる機能を有効にします。
rootユーザとして作業を進めます。
ホームディレクトリに以下のファイルを作成します。

この1行だけのファイルが重要なんです!
/etc/inputrcに記載しても良いはずです。

有効にするにはログインし直すか、以下のコマンドを実行してみてください。

これで反映されると思います。反映されない場合は、再度ログインし直してみてください。
大文字/小文字も含めたコマンドの補完が行われるようになっていると思います。
例えば、以下のコマンドを自動的に保管されるはずです。

ここまでは序の口です。更に補完機能を強化したいと思います。
続いて、以下のコマンドを実行してbashの補完機能を更に強化するパッケージをインストールします。

これを入れることで、コマンドのオプションなどが補完されるようになるんです。
例えば、systemctlのオプションをタブキーを使って補完することが出来る様になります。
ただし、インストール後に再度ログインを行う必要があります。

aliasについては好みがありますから、.bashrcにaliasを適当に追加しますが、今夏何時でbash周りは終わりかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください