Rocky Linux 8.6 へ Redmine 5.0をインストールする。

Pocket

はじめに

Rocky Linux 8.6(8.5で良いのですが。。。)へRedmine 5.0をインストールしている情報が見当たらなかったので、トライしてみることにしました。
入手のし易さからすると、Redmine 4.xをインストールする感じだったのですが、Rubyの2.7は通常メンテナンスフェーズを終了している様なので、Ruby 3.0以降を導入するのがベターと考えました。
更には、Ruby 3.0以降をサポートしているのは、Redmine 5.0以降という情報もあり、やっぱりこの選択肢を選ぶことになるな・・・という感じです。

まあ、色々と問題は出てくると思いますが、取り敢えず進めて行こうと思います。

彼是5年程前にRedmineをインストールした記録があります。
https://tech.godpress.net/?p=610
インターネット上で確認出来る資料と、過去を思い起こしながらインストールを進めたいと思います。

環境確認

今回インストールを行うサーバは、既に別の作業を進めていたこともあり、以下の構成が既に構成されています。

OS:Rocky Linux 8.6
DB:Mariadb 10.3

epel-releaseリポジトリはインストール済みでした。

一応、コマンドで確認しておきます。
# mysql –version
mysql Ver 15.1 Distrib 10.3.32-MariaDB, for Linux (x86_64) using readline 5.1

他に必要そうなものは入っていなかったみたいです。

インストール

基本的なパッケージのインストール

データベースのインストール方法については割愛します。

それでは必要なパッケージ類を問答無用でインストールしてしまいます。

ここまでは順調でしたが。。。。フォントのインストールが上手く行きません!?

色々探してみて、こんな感じでインストールします。

Rubyインストール(自己責任で!)
#あまりここの部分は信用しないように(^^;

さて、ここからは私の勘です!間違っていたらご容赦ください。
ちなみに、私はVM上に環境構築を行っています。
自信もないので、知れっとスナップショットを作成して、Rubyインストール前の環境を保存しておきます。

何故この様なことをするかと言いますと、他のサイトで記載されている方法はrpmを直接インストールする方法が取られています。
私は、パッケージのバージョン管理を極力省くためにdnfでのインストールを行う様にしています。(好みの問題ですね)
rpmでインストールした場合でもdnfでインストールの確認などを行えることは重々承知しているのですが、リポジトリとして管理されているかというと、そうではないでしょう(想像)。
ということは、更新があったことを知る術が無い。
後々の構成管理に矛盾が生じてしまうのではないか?

ということで、出来るだけdnfでインストールを行いたいと思っています。

今回、Rubyのサポート状況などを気にしていることもあり、出来れば3.0以降を導入したい訳ですが、果たして3.0以降を素直にインストールさせてくれるでしょうか?

結論としてRubyのバージョンは2.5.9と無残にもダメでした。
何かリポジトリを追加して・・・とか探していたのですが、これです!

インストール対象のモジュール一覧を確認出来ます。
2.5がデフォルトになっている様ですが、3.0の存在も確認出来ました!

では!

再度確認してみると。。。

ということで、3.0がenableになりましたね。
これで通常と同じようにインストールを行うと3.0をインストールすることが出来ます。

いや~知らんかった(^^ゞ
まだまだ修行が足りませんねw

実はここで悩みました。
他のサイトでインストールしている手順と異なるので、どこまで進んだのか解らなくなってしまいました(^^ゞ
取り敢えず、Rubyがインストールされたことを確認します。

おぉ~Ruby 3.0.2がインストールされています!
多分、この辺りから再開かな?ということで、bundlerをインストールしてみます。

なんだろう。。。もやもやする。。。

でも、取り敢えず進めます。

データベースの設定

データベース(Mariadb)にRedmine用のユーザとデータベースを作成します。

リアルタイムOS上でmsやμs単位でプログラムを組んできた人間にとって、データベースなんてプログラムの足を引っ張る近寄るべからずな存在であり、使えたら良いのにな~という夢の存在でもありましたが、やはり苦手ですw

Redmine本体のインストール

ここまでは全て準備作業でした。
やっとここからRedmineの本体をインストールします。
なんかお手軽インストールの方法もあるようなのですが、最新版ではまだサポートされている気配が無かったので、地道にインストール作業を続けています。
大抵、こういう時は何かの罠に嵌るんですよねぇ~
Linuxのインストールでは毎度のことですが、予定が狂う(TT)

泣き言はやってから!ということで進めます。
以前はSVNを使ってインストールを行いましたが、それも良いのですが、良かったのかどうなのか?というところもありますので、今回はダウンロードで素直に挑んでみたいと思います。

適当なディレクトリへ移動して、パッケージをダウンロードします。
本家からダウロードします。
こちらで対象を確認します。

ここでエラーが発生しました。
どうも幾つかのパッケージがインストールされていなかったようです。

多分、これで実行できるはずですが、もしそれでも上手く行かない場合は以下も試してみてください。(多分、関係ないと思いますが・・・)

再度実行します。

こんな感じで上手くインストール出来た様です。

セッションストア秘密鍵の生成を行います。

データベースへ接続するための設定を行います。

config/database.example.ymlをコピーしてconfig/database.ymlを作成します。
以下の示す様に、必要な項目を変更します。

以下のコマンドを実行すると、データベース上にテーブルを作成してくれます。

更に以下のコマンドを実行してデフォルトデータをデータベースへ登録します。

次に、passengerをインストールします。

しばらく時間が掛かります。
10分以上掛かったと思います。
次に、このコマンドで設定内容を確認します。

ここで表示される内容を記録しておきます。
その上で、Apacheの設定を追加します。

概ねこんな感じでOKですが、サイトによって記載が異なるので参考までに留めてください。

ディレクトリの権限を変更します。

ここで、Aapcheを再起動?起動させればOKです。
念のために、フルセットで行っておきますね。

これだけやっておけばApacheの起動についてはOKでしょう!

ここで、このシステムをRedmineだけに使おうと思っていないので、少し変更してしまいます。

上記で既に記載していますが、/etc/httpd/conf.d/redmine.confに以下の設定を追加します。これでアクセス可能となります。

他の環境ではここまでで行けるはずなのですが、私の環境では上手く行きませんでした。
こんな感じでエラーが出力されていました。

回避方法を記載しておきます。

どうもstrscanが古い様です。
新規にインストールしているところなのに不自然ではありますが、アップデートすることで問題の解決に至りました。不思議です。

再度アクセスすると画面が表示出来る様になりました。

このアップデートをする前は以下のコマンドを実行してブラウザでアクセスすると動作を確認出来ました。

こちらも、他のサイトでは以下の様になっていましたが、上記で動作を確認することが出来ました。

自動でwebrickを認識する様で、必要ないみたいです。

サイトにアクセスしてからのID/パスワードはデフォルトで以下になります。

ID:admin
パスワード:admin

結構嵌りました。
もうしばらくすれば、安定したインストールを方法を記載したサイトが出てくると思います。
こちらのサイトは参考までに留めるのが良いかも知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください