nagiosをソースからインストール。そして日本語化もやっておこう!

Pocket

前回まで、nagiosをyumリポジトリでインストールしたが、日本語化が上手くできない。

画面左のメニューを日本語化するのであれば、適当にファイルを日本語に修正すれば出来るのだが・・・・やはり違和感が残る。

取り敢えずやってみよう!?ということで日本語化を行ってみる。

ついでに、せっかくソースからインストールするのであれば、最新版(2015-12-02現在 4.1.1)をインストールすることにした。

普通は入れていると思うのですが、PHPが入っていないとまずいです。

ということで、以下のコマンドでPHPがインストールされているか確認します。

何も表示されない場合は、インストールされていません。
以下のコマンドでインストールしてください。

それ以外にも必要なパッケージが入っているか確認してインストールを開始します。

参考までにインストールしたパッケージのやり方を記載しておきます。

環境によって異なることにご留意下さい。

では、nagios本体をダウンロードします。
最新版は適宜ネットで確認して下さい。
OSSとして提供してくださっている方に感謝をしながらダウンロードしましょう!

(全部1行で記述)

展開する。

 

展開されたら、パッチをダウンロードしてパッチを充てる!

日本語化パッチを提供してくれている方に感謝しながら・・・日本語化パッチを入手しましょう!

(対象ファイルは、https://dev.momo-i.org/projects/nagios/filesで確認 バージョン番号は合わせること)

こんな感じで必要なものを準備する。

とにかくソースを解凍して、パッチ充ててと作業を進める。

ここで最後に実施したhtpasswdコマンドは、nagiosのウェブ画面へログインする際のIDとパスワードになります。
CGIの動作にも影響するみたいな気がする。

yumでインストールする場合とパスワードの設定が変わっているので注意です。

次にnagiosとapacheのグループを関連付けます。

時折、nagiosCGIへのアクセスが拒否されることがあるようです。
サービスを起動する前に、以下のコマンドを発行すると復旧するのですが、下記のコマンドは一時的な対策を行っているだけのものなので、あまり宜しい対策とは言えないと思います。
出来れば、リブートして確認するなどしてみると良いと思います。

それでもダメな時は以下のコマンドを実行してみてください。


# service nagios startサービスを起動する。nagiosとhttpdの両方ともやってみた。

 

で、ブラウザで開いてみる。

https://xxxxxx/nagios

開くと、IDとパスワードを聞かれるので、設定したIDとパスワードでログインする。

取り敢えず、なんとなく開くはず。

次に、nagiosプラグインをインストールする。

またしてもダウンロード
https://www.nagios-plugins.org/download/から最新のnagios-plugins-2.1.1.tar.gzをダウンロードする。

※INSTALLファイルを読むと書いてあります。

こんな感じで完成….だと思っていました。

ここでトラブル発生です。

selinux がenforce状態(有効)になっている状態では、nagiosのプラグインが正常に動作してくれない場合があります。

例えば、CRITICALな障害を発生させて、通知を行ったときに以下のエラーが発生します。(日本語化しているので日本語メッセージです。)

まずは、簡単な対策としては、SELinuxをPermissiveモードに切り替えて運用する方法です。

SELinuxの稼働状況を確認します。

getenforceコマンドで現在の状態を確認します。
Enforcing:有効な状態(許可されていないコマンドは実行が出来ません。
Permissive:無許可なコマンドの実行時には、ログを記録して実行を行います。なので、実質的には無効な状態と同じでしょう。
Disable:無効な状態(ログも残しません)

setenforce 0とすることで、Permissiveモードに設定しています。setenforce 1とすると、Enforcingモードになります。

この状態でnagiosは正常に動作するはずです。

さて、ここまででnagios自体の設定に問題が無いことが確認出来るかと思いますが、SELinuxが無効になっている状態なので、セキュリティ的には宜しくないのでは?ということになります。

そこで、セキュアな状態を維持するために、SELinuxをEnforcingモードにしても動作する様にすることが必要となります。

このままでもいいや!と言う方は、ここまででインストール作業は完了です。

いやいや、セキュアな環境を維持したいんだ!!と言う方は、今後の投稿に期待してください。

SELinuxを有効にしても動作させる方法を新しい投稿に記載しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください