OpenVASをAzureのCentOS 7へインストールしてみる!

Pocket

さてと、今回はAzureのCentOS 7へOpenVASをインストールしてみることにした。

AzureのCentOS 7と言っても、何が変わる訳でもないのだが、rootユーザが使えないだけw

自前でサーバ立てたら、rootユーザ使えるんだけど、今回はお試し気分がテンコ盛り状態なのでAzureで作ることにした。

AzureでCentOSの環境を作る方法については、他のサイトを参考にしてください。(「名前」とかに日本語入れるとデプロイ出来ないっぽいので注意かな?)

ちなみに、Azureで作った環境は、1コア メモリ3.5GBのスタンダードなものです。HDDは30GB程度かな?非常にプアなマシンですw

1.OSの更新

取りあえず、ログインして最初にすることは、環境を新しくしておくこと。

現時点(2016年5月初旬)で作業を行いました。

現在のバージョンは/etc/redhat-releaseを確認することで得られます。

その他、適当に/etc/bashrcや~/.bashrcを書き換えて、自分なりの環境を作っておきます。

2.Apacheのインストール

次に、なんとなくApacheが入っていない様なので、Apacheをインストールしておきます。

こちらもyumでインストールします。

最後に、OS再起動時に自動起動する様に設定する。

以上でApacheのインストールは完了です。
詳細なApacheの設定は省略します。

3.OpenVASのインストール

yumを使ってOpenVASをインストールします。

まずは、リポジトリを登録します。

次にいよいよOpenVASをyumを使ってインストールします。

途中で問い合わせがあるかも知れませんが、基本的に「y」でOKです。

Complete!

と表示されればOKです。

4.OpenVASの設定

OpenVASの設定を行います。

最初に、rsyc使うかどうか聞かれるので、Enter押して次へ。

ここでしばらく更新を待ちます。10分くらいかな?

その後、いきなりこんなメッセージが表示されます。

気にせず「Enter」ですね(^^ゞ

ユーザネームを聞かれます。
adminのままで良いのですが、Azure環境で使用するため、安全のためにデフォルト設定から適当なユーザ名に変更しておきます。
パスワードを入れて次へ。

なんかよく解らないうちにインストールは完了した模様。。。。

一旦、OpenVASのインストールは一旦ここまでにします。

Web画面から設定を行うことになるのですが、その前にAzure環境の設定を行う必要があります。

次回は、その設定方法について記載します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください