「インストール」タグアーカイブ

Redmineをインストールする。(3/3)

前回までの流れは以下を参照してください。

Redmineをインストールする(1/3)

Redmineをインストールする(2/3)

ここまでで、やっとRedmine本体のインストール準備が整いました。

長い道のりでしたが、道半ばです(^^ゞ

どんだけ長いねん( ゚Д゚)

まずはソース一式をサブバージョンから取得します。

データベースの接続設定

オフィシャルサイトを参考にしながら、以下の設定を行います。
オフィシャルサイトの内容はCentOS 7.xになっておりますが、この部分はそのままCentOS 6.xでも適用できるでしょう。(やってみてOKなら。。。w)

同様に、configuration.yml を作成します。

domain項目は実際のFQDNを設定することになります。

gemパッケージのインストール

redmineをインストールしたディレクトリへ移動して、gemパッケージをインストールします。

思ったより少し時間が掛かります(^^ゞ
#うぅ~疲れてきた~https://tech.godpress.net/wp-admin/post.php?post=618&action=edit

初期設定と初期データを登録

#少し間が空きました。
#流石に割込みが入って続けられませんでした(^^ゞ

さてさて、どこまで進んだか見直しをしてから初期設定を進めます。

よく解らないけど、セッションの改竄防止を行うために以下のコマンドを実行する。

続いてデータベースを作成するらしきコマンドをぶっ叩き!

デフォルトのデータを登録しておく

この辺りはおまじないですね。
デフォルトのデータ登録は後でもできるそうですが。。。

ほとんど自棄になってきてます(´Д`)

Passengerのインストールとか色々やってしまう。

本体のインストールとApache用のモジュールインストールを一気に行います。

Apache用設定内容の確認をします。

ここで出力された内容を次のApacheの設定で使用します。

Apacheの設定

ハイライトしている部分は先のコマンド結果を反映してください。
基本的にはバージョン番号が違うだけだと思います。

Apacheを再起動します。

Apacheが自動起動する設定になっていない場合は、適当に設定してください。

そんでもって、この状態ではインストールされているフォルダーが/var/lib/redmineになっている。
当然、Apacheから見えない。
Redmineだけの環境にしようとするつもりは全くないので(^^ゞ
/var/www/html/redmineでアクセスできるように設定した。

単純にシンボリックリンク追加して

/etc/httpd/conf.d/redmine.confに以下の設定を追加

Apacheの設定を変更したので、Apacheを再起動する。

で、https://MyDomain/redmineをブラウザで見てみると・・・出てきますw

ここまでが、Redmineのインストールです。

かんばん機能をBacklogs Pluginで実現するところまで持っていきたいので、それが出来たら次の更新を追加する予定です。

ここまでの流れを以下にリンクします。

Redmineをインストールする(1/3)

Redmineをインストールする(2/3)

Redmineをインストールする(3/3)

Redmineをインストールする。(2/3)

前回に引き続きRedmineのインストールを続けます。

前回の記事はこちら(Redmineをインストールする。(1/3))

さて続けます。

Rubyのインストール

現時点で最新のRedmine 3.2は、Ruby 2.2の最新版を適用する必要がある様です。
本ページを執筆中のRubyは2.4が提供されていますがオフィシャルサイトからRuby 2.2の最新版をダウンロードします。

Rubyのオフィシャルサイト・ダウンロードページでRuby 2.2の最新版URLを確認してください。

適当なディレクトリへ移動してから、以下のコマンドを実行するとダウンロードされます。

ダウンロードしたパッケージを解凍→コンパイルします。

こんな感じでruby -vでバージョン情報が出ればOK!

bundlerのインストール?をするらしいので。。。。

こんな感じでインストール

PostgreSQLの設定

オフィシャルサイトでは以下のコマンドを実行する様に記載されています。

私の環境では、postgresql-setupコマンドが存在しませんでしたので、以下のコマンドを実行しました。

/var/lib/pgsql/data/pg_hba.confファイルを開いて、こんな感じで編集します。(2行追加)

PostgreSQLを起動し、自動機能の設定を行います。

移動してredmineユーザがposgreSQLを使用できるようにユーザを新規に作成します。

Redmine用データベースの作成

これで一通りRedmine本体をインストールするための下準備が完成しました。

次こそ、Redmine本体のインストール作業に入ります。
次回はこちら(Redmineをインストールする(3/3)

ここまでの流れを以下にリンクしておきます。

Redmineをインストールする(1/3)

Redmineをインストールする(2/3)

Redmineをインストールする(3/3)

 

Redmineをインストールする。(1/3)

既に記録したものと思い込んでいたが、Redmineのインストール方法を記載していなかった。

ということで、今回はRedmineをインストールしてみる。

Redmineとは

Redmineはプロジェクト管理を行うためおソフトウェアである。
プロジェクトにおける各種の文書管理やスケジュール管理などが可能である。
プロジェクトで使うからと言って、大規模なファイルを共有するためのシステムではない。
大規模なファイルの保管は別途管理方法を考えることをお勧めする。

以前に私が使用した時には、画像がたくさん含まれているドキュメントファイルを共有しようと思い、1GB以上のファイルをRedmineで保管していたのですが、運用上宜しい状態とは言えなかった。
また、アップロード/ダウンロード共にそれ程速いとは言えなかった。
多分、数十MB~最大でも2~300MB程度までのファイルを扱うに留めることが妥当ではないだろうか?
実際に多くのファイルは数MB程度のファイル・・・つまりは、メールでやり取りするファイルサイズを少し上回る程度のファイルを管理する程度が使い勝手良さそうな気がしている。

各種の機能に関しては後述するとして、まずはインストールの方法を記載する。

対象機材:

OS:CentOS 6.8

どうも利用したCentOS 7.xのクラウドサーバは安定性に欠けると判断した。
その為、已む無く今更ながら・・・・・6.xを使用する。

実際に使用したクラウドサーバのスペックは最低限の所謂ワンコインサーバで実装している。
当然、環境が充実していることに越したことはないが、それでも十分に動くんだ~と言えるくらいにはなるだろう。

DB(データベース):MySQL 5.1.73

標準でインストールされている環境もあるかと思いますが。。。
後ほど説明しますね。

Webサーバ:Apache 2.2.15

標準的ですね。
インストールされていないかったら、yum install httpd httpd-develでインストールしちゃいましょうw。ということで、こちらも後ほど説明します。

取りあえずこんなものがインストールされていると良いのですが、簡単なインストール方法は後述します。
既にインストールが完了している方は、適宜読み飛ばしてください。

インストール前準備

インストールを行う前に、SELinuxを一時的に無効化してください。
SELinxを無効化する方法としては、2つの方法があります。

1)SELinuxの一時的停止

この方法では、SELinuxを一時的に停止させることが出来ます。
システムをリブートするとSELinuxは有効状態に戻ります。

まずは、getenforceで現在の状態を確認しています。
Enforceingとなっている場合は、SELinuxが有効になっています。

setenforce 0とすることで、一時的にSELinxを無効化しています。
設定が行われたことを確認するために、再度getenforceを行います。
Permissiveとなっていれば、SELinuxは一時的に無効化されています。

厳密には、Permissiveの状態においてSELinuxは無効化されているというよりは、監視モード(セキュリティ上ガードが掛からないが、監視は行っている状態)になっているという理解の方が正しいかと思います。
実は、この方法を取りながら、ログを確認してセキュリティの許可設定を行う情報を収集するなどの目的に使用することがあります。

今回は、単にSELinuxの一時的無効化だけの為に使用する方法を記載します。

ついでに、SELinuxをPermissive状態からEnforceingに戻す場合は、以下のコマンドを実行します。

2)SELinuxの恒久的無効化

SELinuxを恒久的に無効化する方法について説明します。

サーバを再起動すると無効化(disabled)の状態になります。

リポジトリの追加

標準のリポジトリにRedmaineは含まれておりません。
その為、EPELレポジトリを使えるようにする必要があります。

一応そのまま使用します。
毎回EPELリポジトリを参照するのが邪魔になる時には、/etc/yum.repos.d/epel.repoの[epel]に記載されているenabled=1を0に変更してください。

yumを使用する際、明示的にEPELリポジトリを指定しない限り、EPELリポジトリを参照することが無くなります。

インストール作業

Redmineは幾つかのパッケージを使用して構築されています。
その為、Redmineをインストールするには関連する幾つかのパッケージをインストールしてあげる必要があります。

開発環境のインストール

まずは手始めに開発環境(コンパイラ等)をインストールすることになります。

CとC++だけ入れても良かったのですが、ひとまとめに入れてしまいました。

RubyとPassengerのビルドに必要な環境の整備

よく解りませんが、opennsslとかzlibとかの開発環境をインストールしちゃいます。

データベース環境のインストール

データベースにはMySQLを使用します。
CentOS 7ではMariaDBですかね?

私の環境では既にmysql-serverがインストールされていたのですが、開発用のファイルがターゲットマシンにインストールされていなかったのでmysql-develをインストールしました。

Redmineのバージョンによってオフィシャルで紹介されているデータベースの環境がことなります。

今回はPostgreSQLを使用します。

Web環境のインストール

Apacheのインストールを行います。
環境によっては既にApacheがインストールされている場合もあります。
私の環境では既にhttpdがインストールされていたのですが、開発用のhttpd-develが未インストールでした。
インストール方法は以下の通りです。

画像編集環境とフォントのインストール

Redmineでは画像編集にImageMagickを使っています。
そして日本語フォントを準備する必要があります。

そろそろ疲れてきました・・・・当初1000文字程度で一旦区切りを付けようと思っていたのがいつの間にか3000文字を超えています(^^ゞ

ここからのインストールでは、少し手間が掛かります。
つづきは次回に回します。

次回(Redmineをインストールする。(2/3))を参照ください。

メールサーバの構築・設定(1) CentOS 6上にPostfix 多分、CentOS 7でもそんなに変わらないはず。

今更感はあるものの、まだまだ一般に普及しているクラウドサーバの多くはCentOS 6である。(2016年12月現在)
そこで、敢えてCentOS 6上にPostfixを構築する。

まずは、インストール作業から・・・・っていつもの様に簡単です

CentOSでは、標準でsendmailがインストールされている可能性があります。
sendmailの動作状況を確認します。

今回は停止する必要はなさそうです。
削除してしまっても良いのですが、取りあえず止まっていればOKということで次に進めます。
尚、停止させたい場合は、以下のコマンドを実行して下さい。

ここで、MTAについて少し触れておきます。
用語説明程度です。
MTA(Mail Transfer Agent)とは、メール転送を行うためのエージェントです。
メールを送信するための機能で、メールサーバの一部です。
さて、戻ってsendmailは停止させましたが、どのMTAを使うかシステム内で設定が必要です。
多分、sendmailが指定されたままの状態になっているのではないでしょうか?
ということで、確認してみます。
※MTA:Mail Transfer Agent

まだ、linkの項目を見るとsendmailが使用される設定になっています。

postfixを使えるように設定します。
alternativesコマンドでmtaの設定を変更します。

system-switch-mailを使用できる環境の方は、system-switch-mailコマンドで操作した方が楽だと思います。
私の環境では、system-switch-mailをインストールするのにリポジトリを変更しなければならなかったので、alternativesコマンドで代用しています。

上記の画面が表示されたら、「2」にpostfixが登録されていますので、「2」を指定します。
設定されたのかどうか判らない感じで、終わってしまいます(^^ゞ

設定状態を確認してみましょう!

3行目に表示されているlink項目がpostfixに変更になっているのが解りますね。
一応、これでpostfixになっています。

もう一つ確認方法を・・・

「+」の項目がカレントで設定されていますので、postfixになっています。
何も入力せずにEnterを押して終了しましょう。

以上で、sendmailは無効となって、Postfixが利用可能な状態になりました。

何も設定していないのに動いて大丈夫なの?と思うかも知れませんが、デフォルトのMTAを指定・設定しただけであり、Postfixが稼働し始めているわけではありません。

とは言いつつ、心配ですよね。私も本当かどうか心配です。

以下のコマンドで状態を確認してみます。

きちんと「stopped」(停止)になっていました。
stoppedになっていなかった場合には、以下のコマンドで停止させておきましょう。

動いていても、設定が整っていないので外部からのメールを処理する状態にはなっていないはずですが、設定が完了していない状態で動いてしまうと心配ですよね。

ということで、作業準備は完了したはずです。

続きは次回。。。。(近日中に更新予定)

 

Rをインストールする

Rのインストール方法を記録していなかったので、今更ながら記録します。

まず、Rをダウンロードします。
以下のサイトを開きます。

https://cran.r-project.org/

「Download R for Windows」→「base」もしくは「install R for the first time.」→「Download R 3.3.1 for Windows (70 megabytes, 32/64 bit)」をクリックするとダウンロードが開始されます。
#最新のファイルをダウンロードしてください。
最新版もこの順番でクリックすると、見つかるはずです。

今回ダウンロードしたファイルは、

R-3.3.1-win.exe

でした。

実行します。

 

最初に言語を選ぶ画面が表示されます。
別に困ることも無いので、日本語でインストールしてしまいます。

ここは迷わず「次へ」ですね。

こちらも気にせず。。。。しっかり読んでおきましょう(^^;
読み終えたら、「次へ」。

デフォルトのインストールフォルダーで良いでしょうから、そのまま「次へ」。

ここでも、変更の必要はありません。
32Bit版と64Bit版の片方で良いと思う方は、必要に応じて選択肢を変更してください。(正直、64Bit版だけでよいと思っています。)

熟練した方はここのサイトを見ているはずがありませんから、ここを見ている方はデフォルトのまま「次へ」ですねw

素人は迷わず「次へ」。

こちらも、迷うことなく「次へ」。

いきなり始まります!

インストールが終了しました。
「完了」をクリックして終了します。

デスクトップにアイコンが作られていると思います。

「R x64 3.3.1」というアイコンをダブルクリックして起動します。

こんな画面が出てきたら、正常にインストールされています。
ちなみに、こちらはRGuiの画面になります

Rはスクリプト言語です。ここで記述した内容がインタプリタで動作します。
記述した内容を、ファイルに保存してRScriptコマンドでファイルを指定して実行することも可能です。

ここではインストールまでです。

Yeomanをインストールする!

やっとここまで辿り着きました。

本丸、Yeomanのインストールです。
これまでに以下のインストールを行いました。
詳しくは各リンクを参照ください。

Node.jsのインストール
Rubyのインストール

準備が整いましたので、Yeoman本体のインストールに入ります。

yoとgruntとbowerをインストールします。
yeomanはこれら3つの機能が柱になるそうです。

で一気にインストールしたので、画面を見ていても本当にインストールされたかどうかが解らない!?

ということで、いつものようにバージョンチェックをw

どっかのサイトで、間違った書き方してあったので相当悩んでしましましたが、「–version」が基本と思っておきましょう!

兎にも角にもインストールは完了しました。

使い方?使い方は・・・・その内書くと思います。

インストール編終わり!

書き終わって思った。。。。時間かかった割に、ショボっ!

Yeomanをインストールする(Rubyのインストール)

Yeomanのインストール第二回目です。
今回は、前回インストールしたNode.jsに引き続き、Rubyのインストールに挑戦します。
#大層なことではないでしょう(^^ゞ

こちらのサイトから64ビット版のRubyをダウンロードします。
https://rubyinstaller.org/downloads/

Ruby 2.3.0(x64)を選択してダウンロードしました。
ダブルクリックでインストーラを起動し進めますが、以下の画面で「Rubyの実行ファイルへ環境変数PATHを設定する」にチェックを入れるのを忘れないこと。
※忘れた場合は、手作業で環境変数を設定してください。

Rubyをインストールするとgemがインストールされる様です。
gemをアップデートして更新しておきましょう。

続いて、bundlerをインストールする。

更に、compassをインストールする。

それぞれ、正常にインストールされたか?バージョンチェックする。

バージョンが表示されていればOK!

Gitをインストールしておく必要があるそうなのですが・・・・

既にGitはインストール済み。
GitExtensionsをインストールしていました。
多分、ここからダウンロードしてインストールするだけ。
https://osdn.jp/projects/sfnet_gitextensions/releases/

Diffツールの様なものを入れた記憶があるが・・・(^^ゞ
適当に頑張って下さい!!

ちなみに、Gitが入っているかどうかは以下のコマンドで確認できます。
バージョンチェックですね。

ふ~(-。-)y-゜゜゜
やっと下準備が出来たような気がするw
次回は本丸のYeomanをインストールします。

以上

Yeomanをインストールする(Node.jsのインストール)

ウェッブアプリ製作環境を作ろうかと思い立ち、取りあえずYoemanをインストールしてみることにした。

そこで、まずはNode.jsをインストールする必要があるということだったので、まずはNode.jsのインストールから。

こちらサイトからダウンロードしました。
https://nodejs.org/en/

私が選んだのは、「v5.10.1 Stable」です。
64ビット環境用を選択しました。
32ビット環境の方は、ご自身に合わせて選択してください。DOWNLOADSメニューから選択できます。
DOWNLOADSメニューから64ビット版を選ぶと、執筆段階ではv4.4.2が選択される様です。一応、Stableなんでv5.10.1でいいでしょ(^^ゞ

ダウンロードが終わったら、ダブルクリックでインストールするだけ。
ごく簡単にインストールは終了します。

Yeoman自体のインストールまでは、まだまだ先が長そうですw

次回はRubyのインストールを行います。全部64ビット版で環境を作ります。

32ビット版をご所望の方は他のサイトをご覧になる方が良いかと思います。

 

 

Windows環境にPerlをインストールする!(Strawberry Perl)

Windows環境にPerlをインストールする方法について記述します。

Active Perlが有名ですが、フリー版での商用利用はライセンスに抵触するため、個人利用以外の場合はStrawberry Perl がもう一つの選択肢と判断しました。

Strawberry Perlのライセンスは、GPLもしくはArtistic ライセンスになっているので、Active Perlよりは使い勝手が良さそうです。
また、Active Perlにおける以下の問題も気になった次第です。

  • CPANが標準で使用できない。(現在は改善されているみたいですね)
  • Perl本体のバージョンが詳細までは確認できなかった。
    Perl本体最新バージョン:5.20.1
    Active Perl:Perl本体バージョン 5.20
    Strawberry Perl :Perl本体バージョン 5.20.1.1

ということで、Strawberry Perl をインストールします。

Strawberry Perl のダウンロード

下記URLよりダウンロードします。
https://strawberryperl.com/

インストール

ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストーラーを起動します。
対象ファイル:strawberry-perl-5.20.1.1-64bit.msi

NEXTで次へ

 ライセンス内容を確認したら、I Accept the terms in the License Agreement にチェックを入れて、NEXTで次へ

Linuxでは/usr/bin/perlなのですが・・・Perlのプログラムで記述する最初の一行目にパスを記述するので、変更してみる。

変更したら、NEXTで
<<<追記>>>
変更しても意味有りませんでした。
実際に作成されるperlの実行モジュール(perl.exe)は、下記のパスに作成されています。
c:\usr\bin\perl\bin\perl.exe

無駄な抵抗でしたという落ちですね。
まあ、気分ということでご勘弁ください。

Installを開始する。しばしお待ちを・・・ユーザアカウント制御の画面が出てきたらOKを押して続けてください。

完了すると以下の画面が表示される。

 README.txtがメモ帳などで開いているはずなので、一応一通り目を通して。。。。コマンドプロンプトを起動します。

コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行すると、バージョン情報が表示されます。

perl -v

 以上でStrawberry Perl  のインストールと動作確認は完了です。

この後の使い方などについては、いずれまた。